心療内科のカウンセリングを受けよう|心を軽くする治療

女の人

携わり方に違いがある

女医

カウンセラーの存在

話しを聞く行為と言える心療内科によるカウンセリングは、これまでに長期間病院での治療を続けても改善できなかった場合において数多くの利点が挙げられています。例えば、薬物治療と平行してカウンセリングを行うことが、早い緩和や完治に直結しているという医療データも展開されています。カウンセラーは話しを聞くことが専門であり、治療薬を処方するのは医師や薬剤師で、カウンセラーが内情や心情をしっかり見極め、薬での治療も平行して行うべきだと判断した際、連携するネットワークを駆使し、一人一人に適した治療方針が提案されるため、症状の緩和も期待できる内容です。さらに心療内科では、スクールカウンセラーとして活躍する専門医も在籍していることにより、教育相談や学生からの相談など、子供のカウンセリングにも携わることができたり、産業カウンセラーとして職場へのガイダンスに取り組む専門医の存在も提案されています。この結果、心理療法や検査を必要とする見極めが、学校や企業、医療機関など、様々な場所から行える魅力が挙げられています。

医療行為とは異なる

メンタルヘルスの問題点が浮き彫りとなり、近年では、うつ病を発症する方々は増えています。また、心療内科の診察を受けるべきか迷う方も増えています。診察はカウンセリングとは異なる点に注意が必要で、診察とは寄り添える内容が全く違います。ストレスなどのメンタル面を主に診るのが心療内科などの専門医で、心の病気を治すための医療的視点からサポートしてくれるため、薬物療法となる治療方針を提案しています。一方、カウンセリングを主に提案するのが臨床心理士と呼ばれるカウンセラーで、医療の視点からではなく、感情などの気持ちを受容して傾聴することを行い、病気を治す治療法ではなく、病気を受け入れる解決策を提案するのが主な違いです。病気を治せないことに意味があるのか、カウンセリングでは難色が示される内容ですが、感情を表に出すことで気持ちの整理がつき、やるべきことなどの自己理解が深まり、解決方法を独りで見つけることができるなど、精神面の悩みだからこその携わり方と言えるのがカウンセリングの特徴です。