心療内科のカウンセリングを受けよう|心を軽くする治療

レディー

心の疲労を感じたならば

診察

悩みを相談するために

うつ病や統合失調症、胃潰瘍や自律神経失調症など、ストレスが原因となる心の病気は実にさまざまで、その症状を軽減させたり改善させたりするためには、心療内科や精神科、カウンセリングなどが効果的です。もっともこれらにはそれなりの違いがあり、その症状によってどこに相談するべきか選ぶ必要もあります。まず心療内科と精神科についてはどちらも病院で行われる治療であり、保険対応の薬剤治療がメインとなっていて、心理テストなども実施されます。それに対してカウンセリングは医療行為には分類されていないため、基本的に悩みを相談する場所であり、薬物治療などは実施しません。もっとも心療内科や精神科でも相談は可能ですが、こちらでの相談は医師が相手であり、カウンセリングは専門のカウンセラーが相談相手となります。また混同されがちな神経内科については、身体の麻痺やパーキンソン病などの神経系の病気の治療がメインであり、基本的に心の病とは関係がありませんので、間違えないように気をつけましょう。

受診する際には

心の疲れに対して専門機関で治療をしてもらうことは、世の中でも認知度が進行していて敷居も低くなっています。しかしいざ受診しようと思っても、最初はどこにするか悩むこともあるでしょう。そういった場合は、まず最初に大学病院や総合病院などの大きな病院を受診するのがお勧めです。こういった大きな病院の場合、診療科の数も豊富です。そのために心の疲労が肉体にも影響が出ているような場合は、まとめて二つの診療科を受診することも可能です。またかかりつけ医がいる場合は、そちらから紹介してもらうという方法もあります。ちなみに最近では企業や学校などに、専属のカウンセラーが配置されることも多くなってきています。このような場所でのカウンセリングは基本的に無料なため、まずはそのようなカウンセリングを受けてみるというのも良いでしょう。そしてカウンセリングに加えて心療内科などで適切な処置を施せば、症状の改善や軽減への近道となります。そのためにもまずは早めにこういった専門家のサポートを受け、心の疲れの回復を目指しましょう。

心と体と総合的に診察

医療

心療内科は、心と体の総合的な治療をします。カウンセリングも治療の一つですし、先ずは、カウンセリングからです。心と体が疲れたら心療内科のカウンセリングを受けて落ち着きましょう。治療をすると心と体は落ち着いてきます。

View Detail

体に出るストレスのサイン

先生

原因不明の皮膚のかゆみや赤みが長引いているときは、ストレス性皮膚炎である可能性があります。皮膚科で治療を続けても改善しないような場合は心療内科でカウンセリングを受けるのがおすすめです。カウンセリングを続けているうちに、しだいに体の症状も落ち着くことが多いのです。

View Detail

薬以外の治療法

笑顔の女性

メンタルヘルスへの注目が高まり、今後、更に心療内科など専門機関にかかる人々は増えていくことが予測されます。カウンセリングは症状や悩みを改善していくための有効な方法の一つとして考えられており、特に症状が十分に改善しない方は選択肢の一つとして検討してみるのもいいかもしれません。

View Detail

心を軽くするために

男性医師

ストレスなどが原因で心に疲労を抱える人が増加傾向にある現代社会では、心療内科や精神科といった病院での医師による治療はもちろんのこと、専門のカウンセラーによるカウンセリングなども効果的とされて人気を集めています。

View Detail

携わり方に違いがある

女医

心療内科を訪れる場合には、病気を治す目的よりも、心の内側を知ってもらえるカウンセリングを重点におき、緩和できるケアに励むことがポイントとなります。薬などの治療に頼りたくない場合に賢く利用できるのも、カウンセリングの魅力の1つです。

View Detail